男を誘う香り「リビドーロゼ」使用者の感想を紹介します

リビドーロゼで男を誘う

リビドーロゼで男を誘うのには2段階の効果があります。

 

男を誘う第1段階

 

リビドーロゼには、男性を誘う2種類の香りが含まれています。

 

一つ目は、お風呂上がりの女性を意識した香りです。

 

あるアンケート調査によると、男性は、女性のお風呂上がりの香りを嗅ぐと、その女性のことがそれほど好きではなくても、「セックスしたい」と思うようになることがわかりました。

 

それは、お風呂上りの香りが、その女性の裸や清潔感を連想させるからだと考えられています。

 

リビドーロゼは、お風呂上がりの女性を意識した香りで男を誘うのです。

 

二つ目は、フェロモンを意識した香りです。

 

リビドーロゼには、「オスモフェリン」というフェロモンを意識した香り成分が配合されています。

 

このオスモフェリンの匂いをまとった女性を見ると、男性は通常よりもその女性を魅力的に感じることが分かっています。

 

リビドーロゼは、フェロモンの香りで男を誘うのです。

 

リビドーロゼを使えば、この2種類の香りの効果で、ベッドへと男を誘うことができます。

 

libidorose

 

男を誘う第2段階

 

さて、リビドーロゼでベッドへと男を誘うことに成功したら、ベッドに入る前にもう一度リビドーロゼの香りを身にまとってください。

 

リビドーロゼは、二人のベッドの中の時間に合わせて徐々に香りを変化させていきます。ベリー系の甘酸っぱい香り、エキゾチックな香り、そして、二人が眠りにつく頃には徐々に消えていきます。

 

この時、彼の記憶には、二人で過ごした濃密な時間が、リビドーロゼの香りと共にしっかりと刻み込まれます。

 

ところで、匂いと記憶には大きなつながりがあるということを知っていますか?

 

ある匂いを嗅いだことがきっかけで、ずっと忘れていた人のことや、遠い昔にみた風景などをふと思い出した経験は誰しもがもっているはずです。

 

そう、今、まさに、彼の記憶の中に、リビドーロゼの香りと共に、二人の濃密な時間が記憶されたのです。

 

今後、あなたが「彼としたい」と思ったら、リビドーロゼを身にまとって彼に会いましょう。

 

彼は、リビドーロゼのニオイを嗅いだだけで、貴女のことしか考えられなくなります。

 

⇒リビドーロゼで男を誘う

 

couple

 

リビドーロゼ使用者の感想

 

実際に、リビドーロゼで男を誘う体験をした方の感想を紹介します。

 

一回り上の年齢の彼は、やっぱり大人なので、エッチの方は淡白というか・・・物足りなく感じていました。そこで、もっと素敵なセックスがしたいと思って、リビドーロゼを思い切って購入してみました。

 

ある日、寝る前に彼がいない間に胸元にひと吹きしてベッドに入ると、彼が胸へと手を伸ばしてきました。

 

「ダメ」と言って払いのけてもまだ愛撫してくる・・・。

 

いつもの彼とは違う反応にビックリしました。

 

その後、覆い被さるようにキスしてきて、もうすでに固くなったものが・・・。

 

ビックリしながらも本当に嬉しかったです。その晩はいつもよりも彼の愛を感じることができました。

 

メルマガで読んだ「ベッド専用香水」という言葉に惹かれてリビドーロゼを購入しました。

 

月に1度しか会えない遠距離の彼と会う時に歯磨きをしながら彼の見ていないところで1プッシュしてみました。

 

彼のところに戻ると「なんかすごくいいにおいがする」と言われました。

 

いつもは理性的で野性的な面を見せたことのない彼でしたが、その日はいつも優しいキスの彼が、必死に唇を合わせてきたり、舌が入ってきたりと私は溺れてしまったように感じました。

 

「今日は冷静になれそうにない・・・」と言った後・・・、もう覚えていません。本当に心から満たされました。

 

リビドーロゼにすごく感謝しています。

 

いかがでしたか?リビドーロゼの公式サイトには、もっと沢山の方の赤裸々な感想文が掲載されています。是非、公式サイトでも感想を読んでみてくださいね。

 

⇒もっと感想を読む

 

リビドーロゼは男を誘う香り

リビドーロゼの香りは80種類もの香り成分から作られています。

 

思わず近づきたくなる香りのヘア・パフューム「ナデテ」の香りをベースとしながらも、官能的で透明感のある香りを実現。

 

さらに、セクシャルなイメージの香り「イランイラン花油」とフェロモンを意識した香りの「オスモフェリン」を配合し、あなたのことを深く印象づける香りに仕上がっています。

 

⇒詳しくはこちらから